奴隷貿易

2021年04月15日

おバカな日本民族はどこまでも茹でガエル状態です。


産めよ増やせよ大和撫子さんより

堤未果:評論界の新スター (2021/4/15)
https://blog.ap.teacup.com/jiritu/10349.html?ap_protect=ofnpgk90t2n
<転載開始>

アメリカの下半身を暴くジャーナリストで

なおかつ日本民族主義者です

日本民族主義というとおバカな日本帝国復活型の思想を指しますが

この人は思想どころではなく悲鳴です。

「日本が堂々とかじられているのに、麻薬を打たれて夢心地だ。きゃーなんとかしてよ」

ということです

『株式会社アメリカの日本解体計画」

本屋では買えないようですが

会員になってあげてください

クリックすると元のサイズで表示します

貨幣経済の文化は寄付で成り立っています。

原初的な形態は、街頭芸人ですね。

(年寄りは未来を作る人に財産を寄付しなくてはならない。)

100年計画のうち現在75年を迎えた、昭和天皇が結ばされた米国との占領契約(元外務省官僚の原田武夫が明らかにした)がおわりつつあるので

その前に全部食っちゃえ、ということです。

西欧=野獣型文明の典型的行動ですわ。

日本人よ目覚めよ、お前の足の1本は食われてもうないぞ、とね

日本民族は家畜人ヤプー政治家と、社長=外資従業員という女衒によって売られた

娘たちと同じです。

気がついたら売春させられていて

逃げ場はない

カネは女衒が持ち逃げした。。。。西欧文明は奴隷貿易と同じことを

どんどん手口を高度化(抽象化)させて

国家単位でしているわけだ

それが第二次大戦の勝者連合=国際社会というものです。

そのまんまの国際貪り連合ですね。

各国にUFOを落としてやって技術革新をさせた宇宙人が呆れるわけだ。

何を教えてやってもくだらないことに使うだけだ。。。。。。

もうこいつらの進歩は諦めて、そろそろ消滅させるか、とね。

汚名を着せられて奴隷の身分に落とされている日本民族の一員としては

一緒にせんといてくれと言いたいが。。

向こうは50歩100歩だとおもっているかもね

サムハラ!

<転載終了>



2016年09月25日

ドテルテ大統領の行為は帝国主義の全否定!?
リバーシ現象の始まり始まり~~♪


産めよ増やせよ大和撫子さんより

急速に変貌する人々の意識 (2016/9/23)
http://blog.ap.teacup.com/jiritu/6294.html?ap_protect=ljliqwfrnil
<転載開始>
ものすごい勢いで東アジアの政治意識が変貌しています

ドテルテが麻薬人皆殺しを始めたのでこれは

帝国主義の全否定になります

帝国主義の武器は銃、火薬と麻薬、それと奴隷貿易です

仕切ってきた連中は最初はバチカンです。坊主のふりしやがって、愛の名の下に女奴隷を売り払った。 その後、英国偽ユダヤになって、今はアメリカ帝国

その全ての暴力を被ってきたフィリピンが、同じくその被害者であった中国と連携して

麻薬の中枢を皆殺しにする、と宣言し、これは中国も同調している。

南沙どころの話ではないのです。

(南沙は日本への石油の通路を中国が抑えるということです。東南アジアにはアメリカの属国は入れない、ということでもある。)

人身売買と麻薬ビジネスの全否定こそ、帝国主義思想の全否定です


フィリピンが立ち上がった、ということはものすごく大きい。

国の名前も変えるでしょう。屈辱的なフィリップの国、フィリピンをやめるでしょう


「高貴な嘘」でごまかし、「こっそり下半身を満足させる西欧文明構造」の全否定が始まる


歴史の転換点です。もうアメリカ国内のゴタゴタなんか知るか、

ジジイ(トランプ)とババア(ヒラリー)が殺しあって勝手に死ねや、の世界です。次元が移動してしまった。

世界は決定的に変わった。

変えた人物は、プーチンとドテルテです。

ドテルテの方がプーチンより強いかもしれない

フィリピンは500年の東アジアの恨みを一身に背負って西欧と対決する。

正恩とドテルテが同盟したらどうなるね?

思考実験では、東アジアはしばらくして

西欧から見てのアンタッチャブルになるでしょう。

日本が織豊政権で、自作した鉄砲の力でそうなったようになったように。


もう10年と経たずに欧州とアメリカは東アジアに入れなくなるでしょう

日本海軍が全部押さえたように。今度は負けないと思います。

なんと、アメリカ帝国に逆らうのはバカだ、の東京kittyも見通しを親中に舵を切った。

リバーシ現象の始まり始まり~~♪



<転載終了>


【関連記事】
マルコス大統領(2016/9/25)
http://ameblo.jp/geneumi/entry-12203397277.html



2016年01月04日

今年は申年、日本人の年!?
私たち日本人は本当の人間に進化できるでしょうか?
いろんな意味で覚醒の年です。

申年に因んで猿情報です。
日本人は黄色いバカ猿、イエローモンキーと呼ばれていた!
そして、白人は????


日本人の覚醒さんより

日本人よ、申(猿)年にこそ覚醒せよ!(2016/1/2)
http://kabukachan.exblog.jp/25137075/
<転載開始>
新年、申年にいきなり最初の一句。

日本人 頭の中は 得と欲

次にもう一句。

バカ猿の 頭の中も 得と欲


だから「日本人は猿である」と言っているんですよ。

★日本人は猿である

http://kabukachan.exblog.jp/24109195/

日本人諸君、「俺は猿じゃないぜ」と自信を持って言えるかね?
君たちの頭の中で考えていることは猿と大差はないだろう。

違いますか?

ただし私は、白人は人間だとは言わない。

白人は狡賢い白猿。日本人は黄色いバカ猿。


既に太平洋戦争中にアメリカ人(白人)は、日本人(Japs)を猿(Yellow Monkey)と言っているけどね。当時のアメリカの全ての新聞と雑誌には、Japs と Yellow Monkey の文字とサルの挿絵が載っている。


当時のアメリカ人は日本人を猿と考えていたんですよ。だから原爆が落とせたんですよ。猿の頭の上に落としても良心の呵責は感じないんですね。

★ユダヤ米国 の <三大日本人虐殺>

http://kabukachan.exblog.jp/18798239/

黒人奴隷貿易の時と同じですね。

世界史上の近代に燦然と輝く『白人たちの悪行』



★白人による黒人奴隷貿易とアメリカの奴隷制度
http://kabukachan.exblog.jp/20941342/


★目覚めよ! 人類を支配する "情報帝国主義"!
https://www.youtube.com/watch?v=3Swq63sbPLo


slave%20trade%20map


E027

↑甲板に連れ出された黒人奴隷たち

slave-ship01s


(「奴隷貿易船」画像省略)

1人分のスペースが、80センチ×18センチ。こんな棺桶(かんおけ)みたいな空間に閉じこめられ、3ヶ月から9ヶ月も航海するのである。しかも、航海中の死亡率は8~34パーセント。つまり、3人に1人は死ぬ。これが、アフリカとアメリカを結ぶ奴隷貿易の実態であった。

この時代、大西洋を横断するのは命がけで、コストも高くついた。儲けを増やすには、1回の航海で、できるだけ多くの奴隷を運ぶしかない。奴隷たちは、身動きできないほど詰め込まれ、一寸のムダもなく、整然と並べられた。まるで食器棚の食器のように。こうして、奴隷貿易船は生き地獄と化した。しかも、その先に待っているのは、さらなる地獄 ・・・ 奴隷市場。

たった100トンの船に414人の奴隷を載せたという記録もある。当時、奴隷貿易に使われたのはガレオン船で、100トンクラスなら、全長30mほど。運動場で長さ30mの直線を引き、そこに400人を詰め込んだ様子を想像してほしい。しかも、航海中、黒人奴隷はロープにつながれたままだった。こんな劣悪な環境で、ろくな食事も水も与えられず、9ヶ月間も過ごす ・・・ 身も心もおかしくなって当然だ。実際、多くの黒人奴隷が、熱病やチフスで死んでいった。

たとえ、この過酷な航海を生き残っても、行き先が奴隷市場では救われない。悲嘆にくれ、船から飛び降り自殺する者もいた。1回の航海で、150人中100人が死亡した記録もある。生き残るのは3人に1人。




黒人奴隷が首を数珠(じゅず)状につながれ、裸で歩かされている絵がある。絵の中央には女奴隷もいる。母親と思われる女奴隷は哀しそうに下を向き、それを子供が不安そうに見上げている。小さな子供には、この行進が何を意味するか理解できないだろうが、その先に待っているのは地獄の奴隷船である。行軍を指揮するのは、奴隷商人の手先で、得意げにムチをふるっている。その表情は、優越感、さげすみ、そして怒り ・・・ 粗末な絵だが、これだけの情報が伝わってくる。

dorei3














<転載終了>


【おまけ】
日米戦争はなぜ起きたか。 たった9分で分かる近代史50年



大東亜戦争の真実



【関連記事】
日本人は人間の範疇ではなかった
http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2012/07/post-6233.html
私たちは西洋のエリートからこのように見られている!?
http://www.yamamotomasaki.com/archives/1645